伝説の経験値を求めて 

サブカル趣味による生き様の開拓 。世界には楽しいことがいっぱい。

追う時間と追われる時間

時は金なりなのかな

f:id:geshibainu:20170803032704j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

時の魔術師にでもなれば、時間って本当に操れるのでしょうか。

本当に時間の使い方って難しいですね。

 

もう少し、時間のほうから寄り添ってくればいいのに。

 

時間にルーズな人は、世の中何人でもいますし、雑な性格をしている奴は五万といる。

 

でも、それぞれに時間の使い方があるのは事実ですよね。

こうして文章を打っている時間があるのなら、他の趣味に打ち込めばいいのになんて考えれば、いやいや記録としても文字打っておいたほうがいいという考えもあります。

 

時間を操作する能力は、一体いくらくらいで買えるのでしょうか。

まさに時は金なりで、このことわざは暗に金で解決できるんだよ(^^)/なんて語っているような気もします。

 

時間は貴重ですね。

 

なんか時折、ブログを更新しているときにああ、無駄な時間過ごしたとかは思わないまでも、他にもやることあったのに……なんて消沈することもあったり。

でも同時に、じゃあ片手間で文章書いとけばいいだろうよ、とユルくやってくのも正しいんだと自分に言い聞かせたり、友達に言われたりします。

 

しかし結局、こうしてブログを更新している。

 

人は堂々巡りな生き物ですね。

 

そんな風に思う今日この頃。

 

アイツは誰なんだ

 

正体を隠しているつもりもないのでしょうが、シルクハットを被った中年男性が僕に声をかけてくる。

「ねえねえ、時間が欲しいかい?」

物腰穏やかに問いかける中年を前にして、それも、突然非現実なことを言ってくるなんて誰でも驚く。

「欲しい」

と、僕は答えてしまいそうですが、現実問題時間は買えません。

 

シルクハット中年が時間を売ってくれたら、その単価はいかほどのものかはわかりませんが、その会話のキャッチボールが成立していた場合、展開次第では無料で誰もが欲しい時間を手に入れられたかもしれません。

 

まあ、でも知らない人にいきなり訊ねられたら、正直なところ、単なる道案内でも萎縮してしまいそうです、僕なら。

 

得体の知れない時間かもしれませんしね。

 

パラレルワールドから輸入した時間は、そもそもこちらの世界の概念とは一致しないかもしれないし、浦島太郎のように時間の進み方が違かったりするかも。

 

詐欺まがいの時間を買ったとしたら、満足はできません。

1日24時間を購入したとして、それが果たして24時間ではなく別の世界では12時間が1日を指すかもしれない。

 

あれこれ想像するととても楽しくなってきますが、基本的に1日は24時間。

 

が。

 

24時間フル活用した充足感込み込みの生活は、そう簡単には得られないでしょう。

 

疲れ知らずのショウタイム

 

アンドリューW.Kでお馴染みのパーティーロック!

派手に遊んだ日には、疲労感もご訪問。

 

こういうときの時間は進み方全然違う。シルクハット中年が売りつけてきたと仮定した詐欺まがいの時間を使っていても、その点においては、体感時間からしてみれば類似した進み方をするんじゃないでしょうか。

 

楽しい時間はあっという間というのと、1日24時間、1日12時間は、もはやあまり関係がなくなってくる。

 

1日12時間世界の住人なら、慣れた進み方にプラスアルファで加速するだけ。

1日24時間世界の住人でも、慣れた進み方にプラスアルファで加速するだけ。

 

要するに、時間は止まりませんし、体感時間が伸びるのか縮むのか、それだけ。

 

しかも、それはあくまで自分の感じ方であって、両世界はある一定の基準に寄り添っていく形で時計の針を進ませる。

 

夢中で画面に向かっていても、時間は止まってくれません。

 

時間とは非常にお強い概念。

まさに波動存在。

 

www.degensetsu.com

 

 

www.degensetsu.com

 

時間を止めるのは自分だけにしかできないって言うのも、奴の最強たる所以でしょう。

 

他の人の時間は他の人が動かしているけれど、自分の時間を止めるのはそれこそ、時間が自動的に行ってくれます。

 

寿命とか、死とかそういう形で時間は止まることになっている。

 

時間に追いつくのが先か、時間に追いつかれるのが先か。

 

それは、またしても時間が解決してくれるという皮肉めいた世界で人ができるのは、負けじと時間に対して「遊んでやっかんな!」というような、強い意思表示をしつつ、自由に立ち回ることなんじゃないでしょうか。

 

立ち回りを考える時間も欲しいけれどw