伝説の経験値を求めて 

サブカル趣味による生き様の開拓 。世界には楽しいことがいっぱい。

アークザラッドという厚さ最高峰のゲーム

なんで買ったんだよ! 真似するなよ!

f:id:geshibainu:20170808094759p:plain

出典:アークザラッド | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

今回は1995年に発売されたPSソフト「アークザラッド」についてです。

この作品はまさにRPGの金字塔といいますか、心に残っているゲーム。

 

王道のRPG作品でありつつも、人をハマらせる度が凄まじい良作。

 

でも実際に深く語りたいのは、アークザラッドⅡのほうなのですw

 

しかしこの初代アークザラッドも、Ⅱを語る上では欠かせない作品となっているので、記憶に残っている脳内プレイ動画を再生しつつ、軌跡を振り返っていきたいと思います。

 

見出しのなんで買ったんだよ! 真似するなよ! とは、かつて友人が僕にはなった言葉でしたw

 

というのも、友人がプレイしていたのはⅡのほうで、当時すでにベスト版として販売されていました。

友人宅でアークザラッドⅡを観覧していると、なんておもしろいんだ! と、思って僕は初代のほうを買ったわけですね。

 

そしてなぜか、Ⅱは俺がやってるんだから買うなよ? パクるなよ? みたいな、今思えば理不尽な釘を刺されたわけですよw

 

未だに印象に残っているので、見出しタイトルに使わせてもらいました。

 

とまあ、そんな経緯があって僕は正当に初代アークザラッドからプレイすることになります。

 

アークザラッドの主人公はアーク。物語上、キーアイテムになってくる聖櫃もアークと呼ばれています。

 

一見するとこれは、主人公アークの話かに思われますが、実はそうでもありません。

 

マス目戦闘での高低差とストーリーの想定差

 

アークは確かに中心人物ですし、ラストにおいても重要な役割を持っているキャラクターです。

 

初代アークザラッドでは、ククルやポコ、トッシュ、イーガ、ゴーゲン、チョンガラ……それぞれに大きな意味が込められている魅力的な仲間たちとの旅を描いています。

仲間と協力し、ときに喧嘩をしてストーリーが展開されていくのは王道たる部分ですが、そこがまさにいい!

 

戦闘システムがシミュレーションRPGと少し似ていて、マス目を進んでいき、敵と隣接したときに攻撃ができる。

武器によっては2マス、3マス先まで攻撃が届きます。

 

アークは主人公らしく、剣を使います。チョンガラは壺であったり、ポコはシンバルとかユニークな武器もあります。

 

魔法ももちろんあって、選択する際は専用の範囲マスを移動させ敵に合わせます。

必殺技もそうですね。

 

これはややこしいように見えて、かなりわかりやすくできていて当時小学生だった僕にも容易にアークザラッドの戦闘スタイルに馴染めました。

 

魔法とかレベルが上がっていくと、範囲マスが拡大されて爽快でした。

レベル1だと全然届かないようなところでも、3になると離れた位置からでも射程圏内に。

 

岩の上に上ったりだとか、ジャンプしたりだとか、マスによって区切られているかのように見えて、割かし自由度が高い戦闘スタイルだったのではないでしょうか。

 

ちょことちょこっと続編を匂わせる

 

くだらねぇ、駄洒落言ってんじゃねぇよ、とか言わないでw

 

ちょこは、すごいキャラなんですから!

 

作中にアララトス遺跡ダンジョンという場所が出てきます。これは所謂、隠しダンジョン的な扱いで、最下層は50階。

各階にいる敵を倒しながら、最下層を目指しますが、この50階に待ち構えているのがちょこというキャラ。

 

女の子です。そう、女の子なので幼い見た目をしています。

 

倒せば仲間になるのですが、このとき仲間にしているかしていないかでアークザラッドⅡに大きな影響を与えるというおまけ要素つき。

 

ちょこは独特な能力を使うのですが、仲間にできれば即戦力。相当、強い。

 

遺跡ダンジョン50階までいくのはツラい行為ですが、仲間にするだけの価値は大あり。

 

そして仲間にしているデータを所持しているかどうかで、アークザラッドⅡのボリュームは変動します。

 

というのも、「コンバート」という機能がアークザラッドにはあるんです。

クリアデータの引継ぎみたいな感覚ですね。

 

これは、アークたちとともにアークザラッドの世界を楽しむ上で、かなり重要で、一緒に冒険している気にもなれます。

シリーズ作品って、前作をやっていないとストーリーがわからない、とかよくあるじゃないですか?

 

アークザラッドっていい意味で、それなんですよ。

初代からプレイすると、感動が上乗せされていく仕組みになっています。

その一環として、コンバートがあるんではないでしょうか。

 

初代のラストって、続編を匂わせるとかいうレベルじゃないですからねw

ソフトの帯にⅡはいついつ発売予定とか書いてあった気がします。

 

要するに、 アークザラッドはⅠとⅡ両方ありきで完成する、素晴らしき光と音のRPGなわけですね。

 

Ⅲは、まあ、うん、ちょっといいかな別にw

 

それよりも、友人が同じゲームをやらせたくないほどにハマり、そんな理不尽を無視して僕がプレイに興じたアークザラッドⅡについては、後日(^^)/

 

PS黎明期、最高傑作と言っても過言ではないアークザラッドⅡ。

うまくまとまるかな?w

 

この記事もまとまってないってのは、許してくださいm(_ _)m笑