伝説の経験値を求めて 

サブカル趣味による生き様の開拓 。世界には楽しいことがいっぱい。

車両災難

車でもバイクでも冬道にご用心

f:id:geshibainu:20171130042349j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

めっきり寒くなった空には、雪空であるとか雷雲であるとか、その後の天候を示唆する演出が絡んでくるのは周知の通り。

 

とは言え、降るもんは降るのが実情です。

 

西日本側ではあまり雪が降らないかもしれませんが、日本海側なんて豪雪地帯多いですよね。

私の住む地域も雪国と言うほどではないのですが、冬の間は降雪に見舞われてしまいます。

 

車やバイクを運転する者にとっては、この降雪は最大の敵となってきます。

冬タイヤの存在は大きいですけれど、スリップするときはしますからね盛大に。

 

過信は禁物として、冬タイヤの存在はありがたいのは確かです。

先日、車のタイヤ交換に行ってきて夏タイヤとの操作性の違いに今年もうんうんと、風物詩のように首肯している次第。

 

かつて、私は雪道で危険な目に遭ったことがあり、今でも鮮明に覚えているのは自動車での1回と、バイクでの1回ですね。

 

先述の過信に繋がる話なのですが、まずは自動車での経験を話したいと思います。

 

大雪が降った翌朝に、最強の冬タイヤ(笑)を当時履かせていた私は、路面凍結の本領発揮である時間帯に、少し離れた場所にあるコンビニへ行こうと思い立ったのです。

理由は、タイヤの性能を試したかったため。

 

私の住んでいたところは、急坂が多くて徒歩でも歩行困難な難所が多々ある地域でして、通っていた小学校付近で事件は発生しました。

 

小学校のすぐ側に歩道橋があって、あまり大きくない交差点があり早朝なので、信号機は死んでいました。赤点滅だったので、一時停止義務がある場所ですね。

 

そこは坂道でした。と言っても、緩やかなものでしたが。

私が坂上のほうからその交差点に向かい、赤点滅を確認したので、ブレーキを踏んだんです。別に強くは踏んでません。

 

そうしたら、盛大にスリップというか車体が振られ、ズルズルと交差点に進入してしまったんですよ。

 

ブレーキが効かねぇ!

 

どうしようもなくなって、そのままハンドルを切り右折し目的地に向かいました。

これが昼間だったら、信号無視と変わらないことをしているのだからあわや大惨事と言ったところでした。

 

早朝で車通りが多くなかったのが、不幸中の幸いでした。

当時は軽自動車で、四駆だったんですが、アイスバーンや雪にタイヤ持ってかれたらアウトだと実感した出来事でした。

 

もう一つは、バイクでの話です。

学生時代に原付で友人宅に遊びに行っていた帰り道にそれは発生しました。

 

これまた坂道での出来事なのですが、帰り道に何やら交通状況がおかしなことに気づいたんですよ。

坂道で先行車が動いていない。

 

渋滞か? と、思い原付の機動性を駆使し先のほうを見てみると、自動車のタイヤが空転する音が聞こえてきました。

ああ、雪道にとられてしまったか……見知らぬドライバーへエールを送りつつも、いやいや二輪はもう無理でしょ、と私は早々に原付のエンジンを停止させました。

ちょうど坂を登り切ったところですね。

その先にはまたしても坂があるのですが、とりあえずは平地へ。

 

原付も冬タイヤを履かせていましたが大事をとって、押して歩くことにしました。

原付は軽いですからね。こういうときの取り回しも魅力の1つです。

 

もう一カ所の坂道を越えると、まさに峠越えのような気持ちになり安堵したのを覚えています。

 

あとは、下り坂だ、と。

 

はい、そうです。

私が上り坂よりも下り坂のほうが恐ろしいと思い知らされた事件に発展しますw

 

さすがに運転はしないで、下り坂でブレーキをかけつつ原付とともに家路を急いでいました。いや、下り坂なので勝手にスピード出るんですが。

それを殺すのが、下り坂での唯一にして最高難易度のミッション。

 

ミッション進行中、誤って前ブレーキをかけてしまった瞬間、原付もろとも転倒!

左ハンドルが鳩尾付近に刺さり、強烈な打撃をお見舞いされました。

 

大きな怪我をしたわけではなかったのですが、いやあ、恐ろしい体験でした。

 

以後、二輪は雪が降ったら乗らないと決めましたし、実際に、あれから10年近く経過していますが、冬はバイクを冬眠させています。

 

参ったもんですよね、しかし。

今や、職場に向かうには車に乗って行っているので、今年の冬道がまたしても怖くなってきてしまいました。

二輪は乗らないと決めていても、四輪は乗る必要があって、いいタイヤを履かせることくらいでしか安心材料を買えない車両は、FF仕様。

平坦な雪道はFFのほうが四駆よりも優れているという話を聞きましたけれど、どうあれやっぱり坂道ですよね。

 

以前四駆に乗っていたとき過信にならない程度には信頼してましたし、FF車だからと言って全く雪道を走れないわけでもない。

いいところも悪いところもあるのが駆動方式のおもしろいところでもあるのでしょうが、いやまあ、急激な坂道を前にしたらどれも一緒よw

 

坂になっていないようなところでもスリップする車はスリップしますしね。

可能な限り安全運転するしかないのかもしれませんね。

 

さて、今年買ったばかりのブリヂストン。

どれほど冬道に適しているのか。

過信しない程度に、雪道走行に挑戦してみようと思います。

科学は発達しているし、路面凍結や積雪に有効な、それも100%有効なシステムがあればいいんだけどなぁー。

 

みなさんも、冬の運転はお気をつけて。