伝説の経験値を求めて 

サブカル趣味による生き様の開拓 。世界には楽しいことがいっぱい。

決断のとき

私の罪深き行為

f:id:geshibainu:20180408025939j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

長らく乗り続けてきたバイクについて、本日は語ろうかと思います。

 

ブログを始めてそろそろ1年が経過しようとしてますが、バイクは乗り始めてから12年ほど経過しようとしています。

 

私の青春時代は常にバイクとともにあったと言っても過言ではないくらい、なくてはならない存在でした。

 

しかし、この度、バイクに対して無礼を働いていたのが露呈してしまいました。

 

私の罪状は、放置罪w

 

まあ、バイク乗りあるあるな話なんですが、軽快な切り口で入りつつ時折、憂いにも入りながら自動二輪車についての想いをぶちまけようかと考えています。

 

事の発端は、バッテリー上がり。

長い冬が終わりかけ、ちょっとバイクに乗るかな! と、意気込んだもののエンジンがかからない! 

こんなときに今までだと、すぐさまバッテリー交換や充電を試みていたのですが……振り返ってしまったのです去年を。

 

去年は、おととし以上にバイクに乗らなかったなーと。

 

すごい罪悪感でした。乗りたくて買ったのにもかかわらず、放置しまくりあげくの果てにバッテリーは上がってしまった。

 

とんでもなく申し訳ない気持ちになってしまい、私は今一度バイクと向き合ってみることにしました。

 

残債完済秀才

 

そんな折、タイミングとは絶妙にやってきます。

知人がバイク売ってくれないかなーという話をしていると、お世話になってるバイク屋さんから聞かされました。

 

私はヤマハのMT-09に乗っていて、どうやら相場くらいの価格では買い取ってくれる様子。

残債が少し残っていて、それを完済できるくらいにはなりそうで商談が楽しみです。

 

最悪話がおじゃんになっても、バイク屋さんを通じてオークションにかけてもらえばある程度のお金は手に入ります。

 

と言うのも、今年は親族の結婚式など下半期に控えているイベントが多々あり、頭を悩ませていました。

時間は大切と言いますが、お金だって大事ですからねw

 

家に引きこもってMacに向かったり、料理したりするのを幸せと捉えている私としては、外のイベントに行くこと自体が面倒で面倒で……。

 

そこに行くのにも、ガソリン代をかけて向かうわけで、車の運転もバイクの運転同様好きなのですが、基本はおうち大好き人間なのでそっとしておいて欲しいです……w

 

そして伝説へ……

 

バイクの廃車登録が済んだことにより、5月の車検と自動車重量税の支払いはなくなりました。

 

これだけでも、物欲全開でいつも金欠の私にとってはかなりのアドバンテージ。

 

高性能空気清浄機でも買っちゃうか! なんて、欲も出てくるのですが、少しだけ大人になった私はまだポチっていませんw

 

とにかくバイクに助けられました。

バイクを売ったのなら、いずれ買うであろうバイクのために少しでも金を取っておくか、なんて思考にさえなってしまいました。

 

バイクを売って浮いたお金をバイク以外のことに使うのは気が引けてしまったんですよね。

 

不思議な心変わり。

 

でも、意外と昔からそうだったのかもしれません。

また過去を振り返ってみたんです。

 

この歳にしては、だいぶ道楽じみたバイクの乗り換えを行っており、通算で5台の浮気を致しました。

 

ですが、前のバイクを売ったときは、すぐに次のバイクを……というように、下取りに出して新たな二輪車に跨がるのを繰り返していました。

 

金に困ったからバイクを手放したということはなく、次に乗ってみたいバイクがあるからという理由で、私はいつも乗り換えを行っていました。

 

女性関係は乗り換えることはありませんでしたが……(突然どうしたw)

 

バイクに乗っていると、車に乗っているときよりも景色が壮大に見えるという話は、以前のバイク系カテゴリの記事でも語っていたかもしれません。

 

不思議な心変わりがあった源流は、不思議な乗り物であるバイクが常に傍にいてくれたからだと私は信じています。

 

今回は、たぶん休憩なんですよね。

車両購入の際に一切躊躇することなくローンを組み、数日後にはツーリングに出かけていた私にとって、この度の心変わりは驚きでした。

 

びっくり仰天。年取るとはこういうことかなんて思ったり。

 

休憩時間には終わりが来ます。職場ではルールですからね。休憩時間超過していたら、上のほうにあーでもないこーでもない御託を並べられてしまう。

 

ただ、今回の休憩は1時間や45分ではなかっただけです。

 

やっぱり、バイクは好きだなー。