伝説の経験値を求めて 

サブカル趣味による生き様の開拓 。世界には楽しいことがいっぱい。

北京鍋のスゴさ

無資格料理人、こだわりの調理器具

f:id:geshibainu:20171130042432p:plain

 

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

調理器具って大事ですよね、ここはこだわりがでる部分でもありますが。

私は小さい頃から祖父の影響で料理に興味を持ち、幼少期の夢は料理人でした。

 

懐かしいw

 

年は食ってしまいましたが、手に職をつけられるものならつけたいもんですね。

 

そして、表題の北京鍋。

これはまあ、中華鍋みたいなものです。

 

中華と言えば大火力で、多量の油で食材をコーティングし、様々な香辛料を使用……まさにご飯が進む進む。

学生時代や今現在に至るまで、料理の内容の比率は中華料理を占めている気がします。

 

男の料理みたいなのって、変に気取ってないし私としては1番自分の理想に近い料理形態だったりします。

 

先月くらいに、中華鍋ならぬ北京鍋というのを購入したんです、ホームセンターで。

元々、IH反対派で、料理をするならガス火だろ! と、息巻いていた私ですが、この北京鍋。

ガス火専用品と相成っております。

 

打って付けでした、変にこだわるスタイルの私としてはw

 

ついでだからと、中華お玉も購入。

こいつが筋力トレーニングになるんじゃないかというほど、重量感を持っている。

北京鍋を振るい、お玉で調理すると鍛えられる状況ができてしまいましたw

 

これほど中華料理など、炒め物に適した鍋もないんじゃないかというくらい、使い勝手はいいんです。

煮物にも使えますし、案外万能なんですよ北京鍋。

 

ただ、つい昨日あたりに気づいたことがありまして……

 

北京鍋や中華鍋の手入れの仕方、です。

 

なんと洗剤で洗うのはタブーらしく、油膜コーティングが剥がれてしまい、食材がくっついてしまったりの弊害があるとのこと。

 

いやー、参りましたよ。

 

じゃあ、なにで油汚れを落とすのよ、となるわけです。

 

それは何を隠そう、水あるいはお湯だそうです。

調理が終わったら、鍋の中には料理を残しておかないですかさず余熱を利用しタワシやササラと呼ばれる竹でできた刷毛で洗浄する。

 

使い始めのときは、薄く油を塗っておくだとか、調理前には空焼きという煙が出るまで火にかけ、一度油を入れたらその油は捨て、再度必要な量の油をしく。

 

おおー、ややこしいw

 

ですが、こういうのそそるんですよ。

たかが料理されど料理で、ある程度愛着を持たせるためにも、調理器具の手入れは大事なのでしょう。

 

私は、すかさずササラを買ってしまいました、Amazon先生からw

 

これはまだ届いていませんが、まあまあ趣味である料理におもしろさが加算されたと言いますか、面倒くさい面倒くさいと思いつつも、この一手間が新たな楽しみを運んできそうでなりません。

 

北京鍋は使い始めは、調理→余熱洗浄→火にかけて水分を飛ばす→薄く油を塗っておく……という工程をしておいたほうがいいみたいですね。

 

自分の手になじみ、唯一無二の調理器具になったら最後のは省いていいのかも。

 

こうしてみると、料理自体にだけではなく、調理器具にも油を吸わせるなんて、中華料理と油は切っても切れない関係なんでしょうね。

 

そうこうしていると、油にもこだわってみたくなりますよねw

鍋に吸わせる油はどうだっていいかもしれませんけれど、実際に調理に使う油はいい奴を、とか。

うーん、キリがないかw

 

ただ、北京鍋は熱の伝わりが早いです。

ちょっと、普通のテフロン加工とかのフライパンとは段違い。

大火力を浴びるためにできたんだろうなと思うほどの耐久性と、手入れを怠ると調理に支障をきたす繊細さ。

 

北京鍋と仲良くなるのはなかなか難しいことなのかもしれませんが、めげずに使いまくってやろうかと思います。

 

我が家の油の消費量がとんでもないことになってしまいかねませんが、サラダ油はスーパーで安価に売っているはず。

さすれば、油を求めていろんな小売店に足を運ぶかもしれない。

 

そうやって趣味が趣味を呼んでくる可能性を考えると、ますます料理もおもしろくなると言うもの。

 

そして、時間が足りなくなってくるw

時間の使い方は難しいですね、ホントに。有限を無限に切り替えるには、天才の頭脳があってもそうそう簡単にはなし得ないこと。

 

食い物を作るためには、食い物を作る器具が必要だし、そもそも食材が必要になってきます。

大昔、狩りをしていた頃の日本人は自給自足で後世に知識を残していただいたわけですが、その時代だって器となるものは土器という形で現代において出土。

 

見栄えが違うだけで、物を食うためにしていたことは今も昔もそこまでは変わらなかったのかもしれませんね。

 

申し訳ありません、話が逸れました。

 

とまあ、北京鍋で作った料理は手間の調味料がかかっている分、どことなくおいしい気がするんですよね。

調理器具はケースバイケースでしょうけれど、私としては北京鍋にハマっている今、それで全ての料理を行ってしまうくらいの気持ちでいます。

 

気分は、無資格料理人。

無資格でもうまいものを作りたい。

私たちには料理を作る権利がある。

 

ならば、放棄しない限り、飽きない限り、北京鍋を愛してあげようではないか。

油とともに、ベタベタと。

車両災難

車でもバイクでも冬道にご用心

f:id:geshibainu:20171130042349j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

めっきり寒くなった空には、雪空であるとか雷雲であるとか、その後の天候を示唆する演出が絡んでくるのは周知の通り。

 

とは言え、降るもんは降るのが実情です。

 

西日本側ではあまり雪が降らないかもしれませんが、日本海側なんて豪雪地帯多いですよね。

私の住む地域も雪国と言うほどではないのですが、冬の間は降雪に見舞われてしまいます。

 

車やバイクを運転する者にとっては、この降雪は最大の敵となってきます。

冬タイヤの存在は大きいですけれど、スリップするときはしますからね盛大に。

 

過信は禁物として、冬タイヤの存在はありがたいのは確かです。

先日、車のタイヤ交換に行ってきて夏タイヤとの操作性の違いに今年もうんうんと、風物詩のように首肯している次第。

 

かつて、私は雪道で危険な目に遭ったことがあり、今でも鮮明に覚えているのは自動車での1回と、バイクでの1回ですね。

 

先述の過信に繋がる話なのですが、まずは自動車での経験を話したいと思います。

 

大雪が降った翌朝に、最強の冬タイヤ(笑)を当時履かせていた私は、路面凍結の本領発揮である時間帯に、少し離れた場所にあるコンビニへ行こうと思い立ったのです。

理由は、タイヤの性能を試したかったため。

 

私の住んでいたところは、急坂が多くて徒歩でも歩行困難な難所が多々ある地域でして、通っていた小学校付近で事件は発生しました。

 

小学校のすぐ側に歩道橋があって、あまり大きくない交差点があり早朝なので、信号機は死んでいました。赤点滅だったので、一時停止義務がある場所ですね。

 

そこは坂道でした。と言っても、緩やかなものでしたが。

私が坂上のほうからその交差点に向かい、赤点滅を確認したので、ブレーキを踏んだんです。別に強くは踏んでません。

 

そうしたら、盛大にスリップというか車体が振られ、ズルズルと交差点に進入してしまったんですよ。

 

ブレーキが効かねぇ!

 

どうしようもなくなって、そのままハンドルを切り右折し目的地に向かいました。

これが昼間だったら、信号無視と変わらないことをしているのだからあわや大惨事と言ったところでした。

 

早朝で車通りが多くなかったのが、不幸中の幸いでした。

当時は軽自動車で、四駆だったんですが、アイスバーンや雪にタイヤ持ってかれたらアウトだと実感した出来事でした。

 

もう一つは、バイクでの話です。

学生時代に原付で友人宅に遊びに行っていた帰り道にそれは発生しました。

 

これまた坂道での出来事なのですが、帰り道に何やら交通状況がおかしなことに気づいたんですよ。

坂道で先行車が動いていない。

 

渋滞か? と、思い原付の機動性を駆使し先のほうを見てみると、自動車のタイヤが空転する音が聞こえてきました。

ああ、雪道にとられてしまったか……見知らぬドライバーへエールを送りつつも、いやいや二輪はもう無理でしょ、と私は早々に原付のエンジンを停止させました。

ちょうど坂を登り切ったところですね。

その先にはまたしても坂があるのですが、とりあえずは平地へ。

 

原付も冬タイヤを履かせていましたが大事をとって、押して歩くことにしました。

原付は軽いですからね。こういうときの取り回しも魅力の1つです。

 

もう一カ所の坂道を越えると、まさに峠越えのような気持ちになり安堵したのを覚えています。

 

あとは、下り坂だ、と。

 

はい、そうです。

私が上り坂よりも下り坂のほうが恐ろしいと思い知らされた事件に発展しますw

 

さすがに運転はしないで、下り坂でブレーキをかけつつ原付とともに家路を急いでいました。いや、下り坂なので勝手にスピード出るんですが。

それを殺すのが、下り坂での唯一にして最高難易度のミッション。

 

ミッション進行中、誤って前ブレーキをかけてしまった瞬間、原付もろとも転倒!

左ハンドルが鳩尾付近に刺さり、強烈な打撃をお見舞いされました。

 

大きな怪我をしたわけではなかったのですが、いやあ、恐ろしい体験でした。

 

以後、二輪は雪が降ったら乗らないと決めましたし、実際に、あれから10年近く経過していますが、冬はバイクを冬眠させています。

 

参ったもんですよね、しかし。

今や、職場に向かうには車に乗って行っているので、今年の冬道がまたしても怖くなってきてしまいました。

二輪は乗らないと決めていても、四輪は乗る必要があって、いいタイヤを履かせることくらいでしか安心材料を買えない車両は、FF仕様。

平坦な雪道はFFのほうが四駆よりも優れているという話を聞きましたけれど、どうあれやっぱり坂道ですよね。

 

以前四駆に乗っていたとき過信にならない程度には信頼してましたし、FF車だからと言って全く雪道を走れないわけでもない。

いいところも悪いところもあるのが駆動方式のおもしろいところでもあるのでしょうが、いやまあ、急激な坂道を前にしたらどれも一緒よw

 

坂になっていないようなところでもスリップする車はスリップしますしね。

可能な限り安全運転するしかないのかもしれませんね。

 

さて、今年買ったばかりのブリヂストン。

どれほど冬道に適しているのか。

過信しない程度に、雪道走行に挑戦してみようと思います。

科学は発達しているし、路面凍結や積雪に有効な、それも100%有効なシステムがあればいいんだけどなぁー。

 

みなさんも、冬の運転はお気をつけて。

インフルエンザワクチンの罠

抗体が後退する

f:id:geshibainu:20171130042253j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

最近の冷え冷えとした空気にさらされた菌たちというのは、いささか力が強すぎた。

今回はそういったお話を書こうかと思っています。

 

と、実験的に写真なしの記事とかもやってみるとおもしろいんではないかと思い立ち、文章だけで、何か読み物のように描いてみようとキーボードを叩いております。

いや、やっぱり1枚くらい使おうw

 

更新頻度も下がってしまい当初の目標などなかったことのように私の記憶から消し去っているわけですが、気が向いたときに記事を書く気軽さもブログの醍醐味……と、信じたいですねw

本業やイベントの合間を縫ってようやっと更新する度に、何か新しいことを思いつくのは良きこととしておきましょう。

 

さて、本題ですが。

インフルエンザワクチンです。

例年12月〜2月下旬頃まで季節性のインフルエンザが流行しますよね。私の周囲では、今年すでに感染してしまった方も多くいるようです。

 

毎年毎年、風邪の上位互換、若しくは、最上級であるインフルエンザが猛威を振るうのは勘弁していただきたい。

受験や決算期など重要なイベントが目白押しである時期に、よくもまあ流行るもんですわ。

 

私たちができることと言えば、医者に行きワクチンを打ってもらい、感染したときの症状を和らげるくらい。

重要で忘れてはいけないのは、ワクチンを打ったからと言ってインフルエンザにかからなくなるわけではないということ。

 

進行を遅らせるでもなく、後退させるでもなく、かかったときの危険レベルを下げるだけなんですよね実際。

 

私は過去に2度ほどインフルエンザにかかったことがありますが、こいつぁ、ツラいのなんのって。

風邪の王様みたいな位置づけですよ、インフルエンザさんは。

 

かかると、タミフルなどのインフルエンザ特効薬を服用しない限りは、熱も下がらないし、ダルいし、北極にいるかのような寒気が人体を襲ってくるわけです。

 

あんな酷い目に遭うくらいなら——ワクチン3000円で一発いれておこう。

こう思うのが普通。

 

ですが。

ワクチン、侮れないんですよ。

 

それは本当に効いたんだ

 

先日受けてきた、インフルエンザワクチン接種。

これ、効いたんですよ。

通常、2週間〜3週間は効果発揮までに時間を要するはずのものが、投薬翌日に、あるいは、当夜に。

 

まずはじめに、頭痛がきました。

つづいて、寒気。

と、ここまでくりゃあ、発熱でしょう。

 

はいはい。

まいったよこりゃ、風邪引いたのかな、ワクチン打った日に?

 

私はそのとき、タイムリーな話で11月17日くらいのことでしたが、ワクチン接種後にえらいダルさが身体を襲ってきたんですよ。

 

インフルエンザワクチンは結局の話、インフルエンザ菌を極限に薄めたものを体内に投与するわけですから、毒っちゃあ毒。

ある程度の副作用は出るんですよね。

 

例年、接種後に倦怠感がきたりしてましたから。

 

しかし!

今回のは、なんか違ったんですよ。

もろに風邪の症状。

 

まさに風邪を引くためだけに、ワクチンを接種したような感覚。

ワクチン接種の翌日未明には、うなされて夜中に目を覚まし、体感からして高熱が出ているのがわかり、検温してみると39.4度の超高熱。

 

「ああ、そっか。俺はインフルエンザに感染するためにあの注射打ったんだ」と、意識が混濁する中で私は思っていました。

インフルエンザワクチンを打ってインフルエンザにかかるなんて本末転倒もいいところじゃねぇか。

 

そう思いつつも、素人判断は危険なので、夜が明け、太陽が昇ったあたりで休日診療所を訪ねました。この日、日曜日だったんですよね。タイミング悪い。

 

しかも大事な冠婚葬祭に出席する予定だったのに、39度熱では流石にキャンセルせざるを得ませんでした。マジで、タイミングが悪い。

 

お医者さんの診察では、やはりこれはインフルエンザワクチンの副作用かと思われるとのことで、喉の腫れ(喉めちゃくちゃ痛かったんですよ)を見ると、こいつもどうやら絡んでいるというダブルパンチ。

 

どちらがどう誘発させたのかは、強力な処方箋によって処方された薬のおかげで1日足らずで治癒してしまったので、真実は不明ですが、まあワクチンが原因であることは間違っていなかった。

 

ちょうど奇跡の2連休をとっていたおかげで、仕事には響かなかったですが、なんか怖い体験でした。

ワクチンって、諸刃の剣なんだと実感。

 

インフルエンザの鎮座している城

 

奴の住んでいる城は、さぞかし広いだろうし、多くの家来がいるに違いない。

こいつに単騎で挑もうとしても、返り討ちに遭うこと必至。

 

だからこそ、唯一の対抗策としてインフルエンザワクチンがあるのは百も承知でしょう。

ですが、今回の体験をしてみると来年も必ず受けたいか、と言われると即答できない自分がいます。

 

結局、最終的には保険だ保険、とか言ってワクチンは接種するんでしょうけれど、あーだこーだ愚痴をこぼしてしまいそうです、来年は。

 

でも、受けないといざかかったときにツラい。

 

私が罹患した2回は、両方ともワクチン接種受けていた上での話ですからね。

でも、先述の意識を朦朧とさせるインフル特有のダルさと、高熱を味わったわけです。

ちょっとの風邪くらいなら、仕事いけると言って、仕事着に着替えられるほどの余裕はそこにはありません。

 

正直、起き上がることでさえ至難の業になってしまう。

 

インフルエンザの怖さですね、そこは。

 

なのでやはり日々の手洗いうがいは当然だとしても、インフルエンザワクチンの接種も併用する盤石の体制で構えておくのが、私たち人間にできる最低限の対策なんではないでしょうか。

 

あ、自慢じゃないですが手洗いうがいはどんなに忙しくても帰宅時、いの一番に実施しています。ここ30年、かかしたことはありません。赤ちゃんのときは、1人でできなかったかもしれないけれどw

 

湿度を適度に保ち、衛生面に気を遣い、よく食べよく寝る。

やっぱ、行き着くのはそこなんでしょうかね(^^)/

 

 

イニシエーションしてきたこと

なんて小説なんだ……

f:id:geshibainu:20171021022224j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

台風接近中の日本において、これほど読書の秋に衝撃を与える作品があっただろうか。

なんだか、小説とはすごい媒体なんだなぁ、と改めて感心してしまったので記事にさせていただきます。

 

写真の通り、乾くるみ先生2004年発表の有名な作品である「イニシエーション・ラブ」についてです。

 

ネタバレ含むつもりなので、未読の方はご容赦を。

続きを読む

機械的な人間と人間的な人間

気兼ねなく話ができる相手を

f:id:geshibainu:20171016024112j:plain

 

本日もお読みいただきまして、誠にありがとうございます。ゲシバイヌと申します。

 

私(一人称は、姑獲鳥の夏にあやかり私に変更になりましたw)は昔、漫画しか読まなかったのですが、大人になるにつれて小説も読むようになりました。

最近は、今更ながら京極夏彦先生の「姑獲鳥の夏」を読みまして、そのミステリとしての完成度や、辞典並みの蘊蓄量、実に深い人間模様に感銘を受けております。

 

しかし今回は、姑獲鳥の夏のレビュー記事でありません。

仕事を含めた人の生活において、何が日常で何が非日常であるのか、なんとなーく肩の力を抜いて記述していこうかと思っています。

続きを読む